シャンプーテクニックを盗もう

シャンプーテクニックを盗もう

どうも自分はフケが多い、四六時中、かゆみがある、と言うとき、一番先に疑うのはシャンプー自体なんではないでしょうか? 自分に合わないシャンプーなのではないか、自分の肌が敏感なのかな?もしかしてアレルギー?と色んな心配をしてしまうものです。

 

 

 

ところが、意外にもシャンプーの仕方に問題がある場合も少なくないのです。美容室でシャンプーをしてもらうとなんかすっきりした気分になりませんか?

 

 

 

シャンプーが違うからなんでしょうか?温度が違うからなんでしょうか? 実は、美容師さんのシャンプーテクニックが違うからなんです。 シャンプーをしてもらっているときにどんな風にシャンプーをしてくれているのか、よーく感じてみてください。

 

 

 

シャンプーをする前の水のかけ方、しみこませ方、シャンプーを手にしてから、どこいら辺から洗い始めるのか、どこいら辺を集中的に洗っているのか、指先なのか、指全体なのか、シャンプーを流す時はどんな風に流しているのか、リンスをする時はどこにつけているのか、リンスを流す時はどんな風に流しているのか、最後にタオルで包む前に、どんな風に水切りをしているのか、チェックをするところが山ほどあります。

 

 

 

意外に知らないのが、シャンプーは頭皮を洗うものだと言うこと。髪のほうは、シャンプーの泡がすっと一回通るだけで洗われているんです。 そして、リンスは毛先にしか付けないと言うこと。リンスまで頭皮にしみこませるとフケの原因になります。

 

 

 

美容師さんは良く良く知っているので上手に洗ってくださいます。美容室に行ったときは、シャンプーテクニックを盗んできましょう〜。