美容室で会話は必要?

美容室で会話は必要?

美容室に行くと、何故かいつも話をしなくてはいけない、と言うことはありませんか?

 

 

 

もちろん、お客様が退屈しないようにというサービスの一環と少しでも親しくなって、また来てもらおうと言う美容室側の思惑があるんでしょうけれど、あまり親しくない人と会話をするのは苦手、と言う人もいらっしゃることでしょう。中には臆してしまって、自分がしたいスタイルを上手く伝えることが出来ない人もいるかもしれません。

 

 

 

そんなときは一度考えてみてください。私はお客で、お金を払って美容室を利用しているんです。ですから、私がお金を払う分、私の思うとおりにしてまったく問題が無いんです。

 

 

 

お店の人も忙しそうだから色々言うのはやめておこう、せっかく話しかけてくれるのだから、少しは相槌を打たないと、などなどついついお店の人の立場を考えてしまいそうですが、だからって、お店を出てきてから「はあ、なんか疲れた」「思ったとおりのスタイルにしてもらえなかった」と言うのでは、本末転倒です。

 

 

 

私はお客なんだ、と自信を持って、会話をしたくないのなら、「ごめんなさい。私、話をするのが苦手なんで。」と言えば良いんですし、自分の好みのスタイルもよくよく考えてきちんと伝えましょう。

 

 

 

言葉で言うのが難しければ、カタログをみて納得がいくスタイルが探せるまでゆっくり探しましょう。きっと美容師さんたちもお客様の要望にあわせることに何の異論も無いはずです。わがままなお客様だな、なんて絶対思われないので堂々と自己主張しましょう〜。